Main menu:

UEKING ROOM

WORKS & VOICEのご感想

WORKS & VOICEのご感想を募集しています。(自由投稿) 

"WORKS & VOICEのご感想"に5 件のコメントがあります

  1. コメント from 山中直美(agassiの母):

    2004年の西高文化祭に行き、元教え子に手を引かれ「ねえねえ、すごいでしょ!」と連れて行かれたのが美術室でした。そこに展示されたたくさんの塑像の群れに圧倒されました。不思議な空間でした。ひとつの世界がありました。その時廊下の方で「植木せんせーい!」という生徒たちの声がして、元教え子はその声に導かれるように私を残して先生の所にすっ飛んでいきました。美術室を出ると、植木先生と呼ばれた人の周りに生徒たちが群がっており、遠目で「あの方が作者」と目礼してその場をあとにしました。その作品に「WORKS」というこの本で再会し、あの時が植木先生を拝見した最初で最後だったのか・・と、あらためて感慨深いものがあります。「VOICE」を読んでさらに、生徒たちの心の中に残したものの大きさや、濃い情熱を感じ、実際の彼を知る人々の心の中に生き続けていることを羨ましくさえ思います。毎日、西高の壁画を見上げながら「自分を偽らず背筋を伸ばして」と言う声が聴こえるような気がしています。

  2. コメント from ayumi:

    山中さまの最後の言葉にじーんときました。
    わたしも時々、壁画の前のけやき通りを車で通りますが「しっかりやれよ」と励まされ、パワーをもらっています。
    学校では、近年のうちに大壁画修復の計画もあるそうです。西高の誇りとして在校生や卒業生が少しでも関わることができたらいいなと思います。

  3. コメント from 20数年前の茅高の卒業生:

    今日の朝 たまたま見たTVで、学校壁画!あっ!植木先生! 
    先生が、亡くなっているのも今日まで知りませんでした。学生時代先生に美術を指導していただたこと、今日は、いろいろなこと思い出しました。
    そして涙がこばれました。とても魅力がある
    ステキな先生でした。

  4. コメント from ayumi:

    20数年前の茅高生さま
    メッセージありがとうございました。
    わたしは1981年卒茅高生なので、少しお若い方ですね。このサイトのスタッフの中に同級生がいると思います。
    2005年に他界した後、多くの卒業生の協力によってこのような形で皆さまとつながることができています。
    また、当時のエピソードなど聞かせてくださいませ。

  5. コメント from bluesmen:

    茅ヶ崎高校の卒業生です。
    ネットサーフィンからたまたまこちらのサイト
    を拝見し、亡くなられたこと大変驚きました。
    美術で鉛筆で画用紙に好きなものを書く、という
    授業で、当時のめり込んでいたヘヴィメタルのギターリストを書き、作品を褒められた嬉しさは、ずっと忘れません。
    ありがとうございました。

コメント投稿欄