Main menu:

UEKING ROOM

「植木家といわさき達が目撃!海辺で眼鏡だけが消えた」事件。

次回予告をしてから随分たってしまいましたが、「植木家といわさき達が目撃!海辺で眼鏡だけが消えた事件」について。

 

あれは、確か5年位前の土曜日、あつい暑い夏の出来事、僕たち4人(西高26期生)は前の日の晩からUEKI家にお邪魔し、お料理とお酒を頂いていました。

 

沢山お酒を飲み話をしていたら、随分遅くなってしまったので、その日はUEKI家に僕ら4人泊めて頂きました。

 

 

事件が起きたのは次の日。

 

昼を過ぎた頃に8人全員で(UEKI家4人、僕ら4人)海に出掛けました、海に入ったり浜辺で話をしたりして時間を過ごしていると、

 

グラップラーバキ(格闘漫画)を毎日の様に読み研究していた友人(以後バキとかきます。)が、海を見て気持ちが大きくなったのか、波打ち際で、海を背に「コォォ」と小さく息を吐きながら、漫画の主人公「バキ」の動きの真似を始めました、そりゃもう一心不乱に、すごい量の汗をかきながら。

 

その時でした

 

海もバキのあまりの気迫に負けじと、徐々に波を高くしてきたのです!

 

次の瞬間!

あっという間にバキは波に飲み込まれてしまいました、しかも頭からズッポリ。

その場に居た誰もが、バキの負けを確信しました。

やはり自然の力には勝てなかった、、、と、

 

その時です!

 

波が引いた後バキの方に目をやると、なんとバキは立っていました。

波に飲み込まれたその時と同じ姿勢で、一歩も動かずに!

 

 

しかし、僕らは気づいてしまいました。

バキが波との戦いの際に大切なものを失った事に、、、

 

 

それは心でも、愛でも無い、そう、、「眼鏡」。

 

 

バキから、無くしものを必死で探す人間に戻った、さっき迄バキだった奴を見ながら、7人で笑いました、たくさんたくさん。

 

気が付けば眼鏡が無いまま、バキだった奴も笑っていました。

 

今度は8人みんなで笑いました。

 

あんなに笑えたんだから、眼鏡は海にくれてやれよ、なぁ?バキ。

 

 

"「植木家といわさき達が目撃!海辺で眼鏡だけが消えた」事件。"に2 件のコメントがあります

  1. コメント from ayumi:

    勤務先のコミックコーナーで探しました。
    シュリンク(コミックは立ち読み防止の為、セロファンがかけてある)してあるから内容は分からないけど、かなり激しそうなアクションものですね。
    女子には全く縁がなさそうなコミックだけど、男子高校生は燃えていたわけですね。(この類に関しては萌えるとは言わない)

    あの時、彼がそんな妄想をしていたとは知りませんでした。
    でも、かなりみんなで笑ったことは記憶しています。青春ドラマみたいだった・・・

    バキ君はまだカナダにいるの?

  2. コメント from いわさき けいた:

    あゆみさん

    この間は、ありがとうございました。
    なかなか集まる事の出来なくなった僕らの大切な場所、時間だと改めて実感しました。

    これも、先生が残してくれたモノや、もちろん、UEKI先生、あゆみさん、みほちゃん、ちーぼうのおかげだなと、次の日二日酔いの頭をおさえながら感じました。

    はい、バキはまだカナダです。
    近々一時帰国の噂もありますが、あと一年は向こうに居るんじゃないかと思います。

    更に強くなって帰ってきてくれるのを期待しています。

    そう、

    できれば、波にも負けない位に。

    いわさき けいた

コメント投稿欄

Related articles