Main menu:

UEKING ROOM

学校壁画のイメージトレーニング

植木孝二の学校壁画への取り組みについて

 

■選択科目「ウォールペインティング」の広義

 

壁面を活用した美術の創造活動を行うことにより、表現の能力を高め、感性を磨き、個性豊かで独創的な工夫や試みを具体化する過程を通して、創造する喜びを体感する。

 

グループでの共同制作により、主題の決定から作品が完成するまでの全過程を通して、表現の楽しさや完成の喜びを体感する。

 

主題の構想に基づいて、資料の収集やスケッチ、デッサンを繰り返し、多様な表現形式の特質について理解を深め、創造的な表現方法を工夫する。

 

 

 

 

■指導計画案

 

① グループごとに、テーマ・モチーフを話し合い、主題の構想に基づいて、資料の収集やスケッチなどによる習作を重ね、テーマにあった表現方法によりエスキース(下絵)を完成させる。

 

② エスキースを基に、壁面に木炭やチョークで下描きをし、壁面の環境を考え合わせ、主体的で独創的な表現活動を工夫させる。

 

③ グループ相互の作品(制作中)を批評し討論し合い、自他の見方や感じ方の相違などを理解し、美術についての総合的な理解を深めながら制作を進める。

 

④ グループ内の共同制作を通して、美術活動の喜びを深め、完成を豊かにし、心情や情操を育む。

 

⑤ 互いの作品について批評し討論し合い、表現を追及する感性を高め、個性豊かな美術の能力を深める。

 

    グループの各人がある程度長期間で一つの壁画を完成させることにより、達成感や表現す

ることの喜びを体感する。

 

 

 

 

■ 生徒に配布した授業プリントより抜粋

 

作品を発表するということは本当にコワイことだと思っています。

何故なら、創り手が何を考え、何に感動し、それをどのように切りとり、生のままでない作品まで高めるために発酵させ、形態化していったかということのすべてをさらけ出すわけだから。

これ以上恥ずかしいこともないように思うのです。

 

 

美術において、見ること・イメージすること・表現することの3つが大切です。

 

見ること「モノのかたちと色・光と影・空気」

見るという行為にもいろいろあって、対象をじっくり観察することと、引いて見るという見方があります。物理的に距離をおいて見ることに加えて、頭を冷やして冷静に作品を見るわけです。

そうすると、夢中になってつくっていた時には見えなかったことが、よく見えてきます。

 

イメージすること「テーマ」

絵を描くということは、ただ目の前にあるモノを再現することだけでなく、自分は何者であるのか?自分とこの世界との関係は?などと深くイメージすることです。

 

表現すること「あなたは、何を、どう、描きたいんだろう」

写真のようにそっくりに描きたいのかな、それとも自分の(モデルの)どろどろした内面かな。あるいは、人間を単なるモチーフとして、その形をかりて画面を構成したいのかな・・・

いったい何を、どう描きたいんだい?

 

まずは共同制作のためのテーマを決めて、資料の収集、そしてエスキースづくり。

単純な表現でも、そこにいくまでにどれくらいのアイディアスケッチを繰り返したかが重要。

スケッチブックを用意し、構図を考えながらデッサン。この時、完成時の全体の色のイメージもしてみましょう。

 

描いてみたいな~、描けたらいいな~という最初の思いを持ち続けられるか、自分がどんな作品を描くのかワクワク期待することができるかが成功の鍵です。

あとは楽しむこと。前向きに元気にやるのが一番。

 

友達や下級生たちが、美術っておもしろそうだな、カッコいいじゃん、やってみたいなと思ってくれるような、そして元気になるような制作をやりましょう。

 

自分が動けば、何かが起こる。大切なのは、強く思うこと。そしてやり続けることです。

 

光を描きたかったら、影や闇を描かなくては表現できない。実は、影や闇の中にこそ人間にとっての、大切なナニカがあるかもしれない。

重要なのは、自分とは違う価値観をもった他者の存在。白か黒かの二元論はヤバイ。ものさしは一つではないんだ。

 

美術にかぎらず、何かを手に入れるためには、多くの時間と汗が必要だと私は思っています。大変な制作になると思いますが、描きあげた時に感じる大きな喜びを是非味わってみてください。

マジに時間をかけて取り組んでみてください。近道はありません。

 

汗を流してがんばった者だけが味わうことができる挫折と感動。これが人間をひと回りもふた回りも大きくしてくれるのではないでしょうか?

 

 

 

 

"学校壁画のイメージトレーニング"に2 件のコメントがあります

  1. コメント from ayumi:

    壁画制作過程についての実践講座もアップしました!

    “壁画”のページから「壁画道場」をクリックしてください。

  2. コメント from ayumi:

    “KOJI UEKI HISTORY”のページを更新しました。

    植木自身のことばで言葉で綴った自己紹介と
    作品の制作過程を書き込みましたので
    ご覧になってください。

コメント投稿欄

Related articles