Main menu:

UEKING ROOM

駒さんの『僕はナゼ 11』

 

  僕はナゼ「茅高を悪くした」と言われるようになるのか  11

    駒崎 亮太

 教育したからいけなかったのか、教育しなかったからいけなかったのか?

僕が言ったこと、したこと、即ちいたことが(そのせいでか、そのおかげでか)茅高に変化をもたらしたとするなら、その要素はおそらく次の3点だと見当がつきます。

1.日常的に生徒に同調したり、影響を与えたりした。

2.職員会議等において校長他に、異議申立てをしたり抵抗したり、そのための勢力をつくり維持したりした。

3.授業で「偏向」「おしつけ」が強かった(3)

 例えば、赴任した70年から、20代独身教員7人で7人会という徒党を組んで(?)生徒にしきりに働きかけました(前回参照)特に女子だけ強制加入の、良妻賢母づくりと思える「家庭クラブ」問題についての呼びかけは歴史的価値があるでしょう。(1)あるいはまた、職員会議を前にして数人の責任ある(?)立場の先輩教員達に、質問状を提出したりしたのです。(2)71年の卒業式の前のことですが、約40年たった今なお新鮮なことを喜んでばかりはいられません。状況が悪化したことを嘆くことしきりです。

資料:※1※2※3は e-VOICE茅高に掲載しています。

コメント投稿欄

Related articles